ご無沙汰

 昨年からずぅーと触ってなかったPC・・・
アマゾン探検したのがきっかけで久しぶりにブログに飛んでみた。
一月中だからぎりぎりセーフかな。「本年もよろしくお願いします!」
ところで。
昼間、石垣島で暮らす娘夫婦への救援物資をまとめてたこともあって、少し娘たちのことを話したくなっちゃった。
娘の名前は「東」。東雲からとって「しの」と読むの。倉敷の男の子と結婚して、いきなり石垣に行ってしまった。もう四年も前のこと。今は三歳と一歳の子どもがいて、毎日、家事と育児に奮闘してる。
実は私ネ、このお正月、例年になく店を多く休んで石垣に行ってたの。孫の顔が見たくってというよりは、娘と旦那さんに無性に会いたくてネ・・・ホントウよ。
四泊五日の滞在だったけど、島の最南端と竹富島に行ったほかは観光スポットらしき場所には寄り付かなかった。それよりも彼らの日常に接しているほうが何倍も楽しくて幸せな気分になれたから。
「お母さん、これ、私が作った味噌なんよ。美味しいでしょう」へえ〜この子、味噌も作るんだ。私なんか味噌作りの経験は無し。ちょっと頭が下がるわ。
旦那さんは旦那さんで、家計の足しにしようと海に出かけてはアオリイカを狙ってる。釣れたら、地元の漁協が買い取ってくれるそうだ。「早く大物釣ってな」と言うとニヤッと照れ笑い。素潜りで魚を捕る伝統漁も体得したいとも。着々とお父さんらしさを身につけていく姿に、娘を託して良かったなと思う。
彼らの生活は決して楽ではないけれど、暮しはとても充実してる。
それを少しでも応援したいから送る救援物資。お金ではなくて、彼らを刺激するモノ。喜んでくれるかな・・・





今日はツタヤデー

 昨日一日から007シリーズ最新作「スカイフォール」が公開されてるね。手持ちのDVDで前2作を何回も観ておさらいしてるので、映画館に直行という気分だったけど、どこもかしこも、やたらと車が多くてやむなく断念。で、ツタヤで物色。新作なんだけど、久しぶりにイイ映画に当たった。「ミッドナイト・イン・パリ」(監督=ウッディ・アレン)と「裏切りのサーカス」(監督=トーマス・アルフレッドソン)の二本。
パリの美しい街並みを日没まで追っていく場面からスタートする「ミッドナイト・・・」は脚本が秀逸。これまで何本か観たウッディ・アレンの映画の中でベスト1ではないかと。「裏切りの・・・」の監督はスウェーデン人で「ぼくのエリ 200歳の少女」(この映画もステキ!)を撮った人。東西冷戦下、イギリス諜報機関MI6に潜り込んでいるソ連の二重スパイをあぶり出していくというストーリーで、ハリウッド映画にはない渋さがいいな。「ぼくのエリ・・・」を観た人は分かると思うけど、ニンマリできるラストも好感!
一気に観てきたけど、これで終わりじゃないんだな。「カッコーの巣の上で」も借りたのよ。懐かしいなぁ・・目の前にあるから「それでは次週をご期待ください。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ・・・」(by淀川長治)なんて我慢できないなぁ・・・あ〜ん、もう観ちゃおっと。


やっと冬支度・・・

 が整いました。
といっても、待望のコタツがお目見えしただけのことだけど、私にとっては超一大事。
テレビ無し、エアコン無しに加えて、暖房器具もない生活をしてきた私。余りにもカワイソ過ぎると自覚して、ついにコタツとコタツ布団を購入!今日からカイテキ生活のスタートです。ウレシいわ〜。
僅か80センチ四方のコタツの上に真っ先に居座ったのがデスクトップ。これは、DVDを観るのに必要なの。それとノートパソコンと本が何冊か。インスタントのコーヒースティックとマグカップに灰皿。化粧道具もパラパラ置き始めたら、いつの間にか一杯になってしまった。
まぁ、こういう風景に慣れてくるとそれも侘しい気にはなると思うけど・・・ネ。




ドゥミグラスソース

 を、先週から作ってたんです。日曜日にチョコチョコッとして寝かせて今日がお披露目の日でした。月曜日はビーフシチュウと決め込んでました。
いつも月曜日にはお見えになるKんなさんご夫婦に食べてもらいたかったですが、ちょうど並びの関係で実現ならず。ホントにすみません。
ドゥミグラスソースって、ちゃんと作ろうとすると、至極たいへんな作業なんです。実は・・・
なぁ〜んちゃってドゥミはいっぱいありますが、やっぱりね、そこは違います。使った材料と手間暇の象徴みたいなソースです。

写真アップしたいとこだけどけど、カメラがまだ充電できてないので、また次回。
ということで、また明日・・・・



風邪ひいちゃったかな・・・

 昼頃から調子が悪くって、仕事もはかどらなかった。
夕方にはクシャミの連続。はぁ〜・・・
やっぱり風邪かなぁ。今日は早仕舞いしよう・・・

ブログを移転しました

サイト管理人からお知らせです。

当サイトのブログを移転いたしました。 現在表示されているのがそのブログです。 移転前のブログは残してありますので、これからもご覧いただけます。

旧ブログ

このブログの左パート、あるいはヘッダーの下あたりにも「旧ブログへ」というリンクをご用意いたしました。 ご利用くださいませ。


旧ブログ

selected entries

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM