今日はツタヤデー

 昨日一日から007シリーズ最新作「スカイフォール」が公開されてるね。手持ちのDVDで前2作を何回も観ておさらいしてるので、映画館に直行という気分だったけど、どこもかしこも、やたらと車が多くてやむなく断念。で、ツタヤで物色。新作なんだけど、久しぶりにイイ映画に当たった。「ミッドナイト・イン・パリ」(監督=ウッディ・アレン)と「裏切りのサーカス」(監督=トーマス・アルフレッドソン)の二本。
パリの美しい街並みを日没まで追っていく場面からスタートする「ミッドナイト・・・」は脚本が秀逸。これまで何本か観たウッディ・アレンの映画の中でベスト1ではないかと。「裏切りの・・・」の監督はスウェーデン人で「ぼくのエリ 200歳の少女」(この映画もステキ!)を撮った人。東西冷戦下、イギリス諜報機関MI6に潜り込んでいるソ連の二重スパイをあぶり出していくというストーリーで、ハリウッド映画にはない渋さがいいな。「ぼくのエリ・・・」を観た人は分かると思うけど、ニンマリできるラストも好感!
一気に観てきたけど、これで終わりじゃないんだな。「カッコーの巣の上で」も借りたのよ。懐かしいなぁ・・目の前にあるから「それでは次週をご期待ください。サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ・・・」(by淀川長治)なんて我慢できないなぁ・・・あ〜ん、もう観ちゃおっと。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

旧ブログ

selected entries

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM